国産車の残価設定ローン

ドイツ車の残価設定ローン

イタリアの残価設定ローン

フランス車の残価設定ローン

イギリス車の残価設定ローン

アメリカ車の残価設定ローン

スウェーデン車の残価設定ローン

韓国車の残価設定ローン

残価設定ローンの基礎知識



残価設定ローンの仕組みとは?

残価設定型ローン」と聞くとなんだか難しい感じがしますが、そのしくみは至ってシンプル。

車をローンで購入する時に、ローンが終わった時点での車の下取り予想価格を車両価格からあらかじめ差し引いて、その残った金額だけを分割にして支払うという、近年人気のローンのスタイルです。

残価設定ローンを具体的に説明

たとえば、200万円の新車を購入する時、3年後の下取り価格が80万円だと予想した場合、200万円から80万円を引いた、残りの120万円をローンで支払えばいいというもの。

つまり、本来ならば200万円支払うべき車が120万円で買える、ということになります。

新車を半額で買えるとは誤解しないこと

ただこの場合、車の所有有効期間はローンを組んでいる3年間だけということになりますので、3年後、ローンの支払い終了とともに、必然的に車を手放さなければなりません。

愛着のある車をたった3年で手放すのは悲しすぎる…とお思いの方も多いでしょう。

最終的に支払えば自分のものになる

でもご安心を。ローン終了時に、最初に差し引いた残価80万円を支払って自分の車として買い取ることもできるのです。

愛車とずっと一緒にいたいけど、残価の金額を用意できない、という時には残価の80万円を再ローンを組んで支払うということも可能ですから、たとえまとまったお金がなくても愛車とお別れしなくてもすむわけなんです。

残価設定型ローンの利用者は近年急増中

200万円のローンを組むより、120万円のローンを組んだほうが月々の負担も軽くなりますし、3年ごとに新しい車に乗り換えられるので、新車好きの人にとってはとてもメリットのあるローンですよね。

期間や条件、金利等は各ローン会社によってさまざまですから、自分のライフスタイルにあわせて上手に選んで残価設定型ローンを利用したいものです。



PR





ページのトップへ戻る